ASBS16 総合案内

 logo_asbs16_s180

アナログシンセ・ビルダーズ・サミットとは

国内外の電子楽器自作愛好者が自作の電子楽器を持ち寄り、展示とプレゼンを通して交流するイベントです。 イベント発生の経緯から「アナログシンセ」というキーワードが付いていますが、アナログシンセにとどまらずデジタル(ハード及びソフト)も含めて電子楽器全般、メカ ニカル技術を取り入れたものやアコースティック要素を含む楽器、さらにはクラフトやアートなども含め、「電子楽器に関する自作の全て」を対象としています。

開催日

2016年11月19日(土)

会場

科学技術館 第3会議室

  • 東京都千代田区北の丸公園2-1
  • 会場へのアクセスについてはこちらをご覧ください。

タイムスケジュール

  • 10:45 開場
  • 11:00 開会
    • 11:00 プレゼン第1部(12:00まで)
    • 13:00 プレゼン第2部(14:00まで)
    • 開催時間内は入退場自由
  • 17:00 閉会
  • 18:30 懇親会

出展ブース

  • 公生32+:自作シンセサイザー初號機(MOOG system 35 相当)と弐號機(KORG MS-20 相当)。
  • houshu:電池で動くシンセ、ほか。
  • denha’s channel:スクラッチ風ハードディスクシンセ、LEDバッジいろいろ。
  • centrevillage:ユーロラック規格のシーケンサーモジュール、C_Quencer。シーケンスのランダムさをコントロールすることにより、多彩なフレーズを生成し、CV/GATE信号として出力。
  • sweacco:ユーロラックモジュール(逆ADSR、モジュレーション付ディレイ等)、改造中TinyPiano等。
  • オルム:音質補正用8バンドBPFバンクと、それをモジュレートするための無極性6連電圧制御式可変抵抗器がメイン。その他、以前も展示した携帯型モジュラーシンセを展示。
  • yama:AVRで発音するMellotron ライクのミニキーボードと、最新版アームテルミン。
  • g200kg:ユーロラックDSPモジュール、SUSHI-System。
  • haki:アナログモデリングモノフォニックシンセ。
  • KATZENWERK:雑貨の販売。
  • Si7:ピアノロールスタイルのシーケンサーでありながら、ユーロラック規格に対応(世界初?)。
  • Chuck:自作モジュラー。
  • suga:自作エフェクターを中心に。間に合えばガジェット楽器風シンセ。
  • せいみまさみ:東芝製SDカード、FlashAirを使用した無線LAN制御の電子楽器サンプル。
  • 小野:ユーロラックモジュラーシンセ2016の紹介+etc。
  • DigiLog:シンセサイザーの基本パラメーターを押さえながらもコンパクトにまとめ、演奏しやすい大型の鍵盤型パッドを備えたシンセサイザー「PDx0(開発コード名)」。その他、誰でも楽しめる楽器を目指した試作機を展示予定。

プレゼンテーション

  • 公生32+:3Uユーロラック・モジュラー・シンセサイザーと5Uモジュラー・シンセサイザーの共存
  • houshu:電池シンセ新モジュール
  • denha’s channel:ハードディスクシンセの紹介
  • centrevillage:C_Quencerと各種モジュラーによる演奏
  • オルム:8バンドBPFバンクの製作と、無極性6連電圧制御式可変抵抗器について
  • yama:Mellotron ライクのミニキーボード
  • g200kg:ユーロラックDSPモジュールSUSHI概要紹介
  • haku:アナログモデリングモノフォニックシンセの機能説明
  • Chuck:(未定)
  • せいみまさみ:FlashAir Sound -東芝製SDカード FlashAirを使用した無線LAN制御の電子楽器-
  • 小野:俺的モジュラーシンセの現状+etc
  • DigiLog:新しいシンセサイザー「PDx0(開発コード名)」について

 

その他の情報

  • 見学希望者はこちらで見学券をご購入ください。
  • 出展希望者はこちらをご覧ください。
  • 取材希望者はこちらをご覧ください。
  • 会場での飲食についてはこちらをご覧ください。
  • このイベントに関して重要な情報が追加されることがあります。「アナログシンセ掲示板」で随時掲示するほか、Twitterでもお知らせします。
  • Twitterのハッシュタグは#ASBS16です。
  • Q&Aも併せてご覧ください。

主催者情報